客をクルマに乗せて運ぶドライバーの種類

身近にある乗客を運ぶドライバーの仕事

客をクルマに乗せて運ぶドライバーの仕事では、タクシードライバーやバスドライバーが身近に感じられるのではないでしょうか。人を乗せて運賃をもらう仕事のため、ドライバーは第二種運転免許を所持している必要があります。まず、乗客を目的地まで運ぶタクシードライバーの仕事は、タクシー会社に勤めるか自身が個人事業主となって個人タクシー事業を行うかに大きく分類されます。

その他に福祉タクシーのドライバーの仕事も、タクシードライバーと同様に普通自動車第二種免許を所持していれば行うことが可能です。大型車両を運転するバスドライバーは、大型二種自動車運転免許を所持している必要があります。バスドライバーの仕事では、地域の足として活躍する路線バスや長距離の運転が必要になる高速バスや観光バスなどがあげられます。

その他の乗客を運ぶドライバーの仕事

乗客を運ぶ仕事にはタクシーやバスなどの身近なもの以外に、運転代行ドライバーやハイヤードライバーの仕事があげられます。まず、運転代行の仕事は飲酒や病気などの理由で運転が出来ない客の代わりに、客と客のクルマを目的地まで運ぶサービスです。客を乗せた車を運転する場合は普通自動車第二種免許が必要になります。

ハイヤードライバーの仕事は、タクシーのように客を駅前で待ったりクルマを走らせながら探したりという営業方法を行わないのが特徴です。会社で待機を行い客からの要請で派遣される完全予約制の形をとっています。また、ハイヤーを利用する客層は海外から来日した要人や政治家、会社役員などが多く、高級車両を運転することになります。

運送業は、運転手の高齢化や業務の多様化によって人手不足に陥りがちです。そのため、運転手の募集は頻繁にかけられています。