荷物や貨物を運ぶドライバーの心得について

ドライバーは人に対応する仕事

物流の仕事であるドライバーは人々の生活の支えでもあり、ネット通販が一般的になった昨今ではなくてはならない存在ですよね。そんなやりがいのあるドライバーの仕事に就きたい方もいると思いますが、ドライバーにも様々な心得が必要だということを知っているでしょうか。例えば一人で運転をして荷下ろしをするため、人とのコミュニケーションは少なくて済む、そんな印象を持っている方もいますよね。ですが、ドライバーは営業職を兼ねている場合もあり、取引先や顧客に対しては特に正しい接遇マナーを身に付けた人材が求められます。身だしなみや表情などに気を付けて、積極的な挨拶や丁寧な言葉遣いで相手が好感を持てるコミュニケーションを取る必要があります。

体が資本の職種には健康が第一

また、ドライバーには優れた運転技術も求められますが、何よりも安心・安全な運転ができることが大切です。ですので、運転に自信はあっても過信は禁物で、交通ルールやマナーの順守は絶対的な心得と言えます。そのため、安全運転を確実に実施するためにもドライバー本人の心身の健康を重視しなければいけません。栄養バランスの取れた食事やしっかりと確保された睡眠時間、適度な運動やストレス解消など、人として心も体も健康な状態を保ってこそ、安全な運転と業務の遂行が可能となります。ですので、日常の生活習慣はもとより、休日の過ごし方などにも気を付けるようにしましょう。また、使用するトラックなどの点検や点呼、乗務などの報告となる記録をきちんと行うことも心得となります。

インターネット通販の拡大や、テレワークの普及により、家から商品を注文する人が増えています。その結果、運送業の求人数も増加しています。