荷物や貨物を運ぶドライバーの種類

配送ドライバーと長距離ドライバーでは荷物量が違う

小型トラックで個人の家やオフィスへの配送を行うのが配送ドライバーの仕事です。軽貨物が中心で荷物量も多くないのが配送ドライバーの特徴でしょう。特定のエリアに限定した配送業務になるため、地域に密着しているのが魅力的なポイントだと言えます。決まったエリアの配送が中心なので、運搬先の人に顔や名前を覚えてもらいやすいです。何度も同じ人のところに配送していると仲良くなることもあるでしょう。中距離トラックドライバーや長距離トラックドライバーは、配送ドライバーよりも長い距離を走るのが特徴です。重量の重い荷物を運ぶ機会が多く、荷物量も多いので体力や筋力に自信のある人に向いている仕事だと考えられます。長距離トラックドライバーの場合は車中泊が必要になるケースもあるでしょう。

トレーラードライバーは高度な運転技術が求められる

トレーラードライバーは運転席と荷台が分離されているので、他のトラックよりも高度な運転技術が求められます。大型自動車運転免許の取得だけでなく、けん引免許の取得も必要なので他のトラックドライバーよりも就職までの道のりが遠いと言えます。トレーラードライバーになるまでに時間はかかりますが、他のトラックドライバーよりも収入が高いというメリットが得られます。また荷台を切り離せるので積み下ろし作業が行いやすいという利点もあります。タンクローリードライバーは石油や薬品、高圧ガス、セメントといった危険物の運搬を行うのが仕事です。けん引免許以外にも危険物取扱者の資格も必要になります。危険物を運ぶ仕事であるため、他のトラックドライバーよりも運転に対する集中力が求められるでしょう。

ドライバーの募集といっても、貨物を運ぶトラック、旅客を乗せるタクシーやバス、幼稚園や介護施設などの送迎バスなど、どんな車に乗るかによって、必要な免許も業務内容も異なりますので、よく確認をしましょう。